治す!

治療をする前にどのような種類があるのか知っておこう!

抗がん剤の種類について紹介

分子標的薬

比較的に新しい抗がん剤として知られています。がん細胞の転移や増殖を防ぐ役割を持っているのです。がん細胞の分子だけを標的にしている薬剤です。近年、世界中で分子標的薬の研究が進められています。そして、現在では10種類以上の分子標的薬が利用できるようになったのです。イレッサやグリベックなどでがんを治療します。

アルキル化剤

毒ガス兵器を研究して開発された抗がん剤です。歴史は割りと長く、40年以上に渡って使用されてきました。アルキル化剤単独での効果は穏やかなので、他の抗がん剤との併用をすることが多いでしょう。また、一度に大量投薬が可能な薬剤です。エンドキサンやテモダールが有名でしょう。使い勝手の良い抗がん剤と言えます。

代謝拮抗剤

がん細胞が増殖する際にDNAを作ります。このDNAに似た薬剤が代謝拮抗剤です。代謝拮抗剤を投与すると、不完全な細胞ができます。その為、がん細胞が増殖するのを抑えることができるのです。従来の抗がん剤では、治療することが難しかったがん細胞にも効果を発揮しています。新しい薬剤がどんどん開発されているのです。